お掃除のお話し

プロが教えるお風呂のお掃除

更新日:

皆さんこんにちは。トッシーです。

日に日に寒さが厳しくなってきて、仕事終わりの体にしみます。そんな日は、ゆっくりお風呂に浸かって、1日の疲れを取りながら、暖まりたいですね。

しかし、そんな癒しの空間も汚れが溜まってしまうと、何の癒しも無くなってしまいます。

という事で、今回は、ついつい長風呂したくなる様なキレイなお風呂にする方法を教えます。

お風呂の汚れは3種類

お風呂の掃除をする前に押さえておきたいのが、お風呂の汚れは、大きく分けて3種類あるという事。

汚れの種類ごとに使う洗剤が違ったりします。これを知ってるかどうかで、労力や仕上がりが全然変わってくるので、しっかり押さえておきましょう。

お風呂と言えば「カビ」汚れ

やっぱりお風呂の汚れというと1番に出てくるのはやっぱり「カビ」ですよね。カビは放っておくと、根が深くなり完全に落とす事が出来なくなるので注意が必要です。

カビを落とすには、もちろんカビ取り剤ですね。ちなみに、ピンク色のヌルヌルしたものは、カビではありません。これの正体は「ロドトルラ」という酵母菌だそうです。これも、カビ取り剤で落とす事が出来ます。­

水回りには付き物、水垢汚れ

蛇口周り、ドア周り、浴槽の縁などに白濁したガビガビの硬い物体、これが水垢汚れです。あと、鏡にあるウロコ状の白い汚れも水垢です。

これは、水に含まれたミネラル分が結晶化したものです。中には、後で出てくる「石鹸カス」と合わさって固まったものもうあったりします。

水垢汚れは、酸性の洗剤で落とす事が一般的です。落とすというよりも、酸で溶かすということですね。

洗い場周辺の黒ずんだ汚れ「石鹸カス」

石鹸カス汚れは、その名の通り石鹸が流れずとどまったものが積み重なった汚れです。爪でかりかり削る事の出来るものがそれです。

石鹸カスは酸性のものとアルカリ性のものがあり、それぞれ反対の液性の洗剤が有効ですが、洗剤と併せて「ゲキ落ちくん」の様な「メラミンスポンジ」で落とす事ができます。

基本的に、石鹸カスは洗い場の腰の高さから下の範囲に集中します。

風呂掃除の手

お風呂の汚れの種類とその特徴、落とし方がわかれば、次は順番です。

ここは、プロでも人によって違いがあるので、私がいつもやっている手順を紹介します。

用意する物

    1. 浴室ブーツ
    2. ゴム手袋
    3. 洗剤各種(カビ取り剤、一般浴室洗剤)は必須
    4. ブラシ
    5. メラミンスポンジ
    6. 使い古した台所スポンジ



作業手順

  1. ボトルや椅子、湯船の蓋などを一旦外に出します。
  2. まずは水垢汚れから攻めます。メラミンスポンジで、天井から壁、床、浴槽と順番に酸性の洗剤で磨いて行きます。※強く擦り過ぎるとキズの原因になります。
  3. シャワーを使い、すすぎをします。
  4. 次に、石鹸カスを攻めてます。先程の工程の際に、どこに汚れがあるのかを見つけて置いて、そこを重点的にメラミンスポンジか、台所スポンジで磨きます。※分厚い石鹸カスは削り取る事もあります。
  5. シャワーを使い、すすぎます。
  6. 最後はカビ取りです。ここまでの工程で軽いカビは取れている事もあります。カビ取り剤は反応時間をしっかり持たせてあげる事で効果があるでます。排水口も分解し、カビ取り剤をかけておきます。
  7. シャワーを使いすすぎます。
  8. 一通り終われば、出して置いたものを中に入れ、それぞれを磨き洗いします。
  9. 全てを乾いたタオルで拭き上げて完了です。

キレイになったお風呂をキープするために、入浴後にする事

  • お風呂に入った後は、冷たい水で全体を流して温度を下げる(カビ防止)
  • 洗い場周りは入念に流す(石鹸カス防止)
  • しっかり乾燥させる、拭き上げてる(水垢防止)

どうしても落ちない汚れは、プロに依頼

どうしても落ちない汚れは、プロに依頼する事でキレイにしてもらえる事があります。

金額は、安くはないですが(12,000円〜19,000円程度)、その分の仕事はしてくれます。

また、オプションで、浴室乾燥機や浴槽の側面のエプロンと呼ばれる所を開けて、内部の洗浄や、防カビ処理などをしてくれる業者もあります。

1年〜2年に1度は、依頼をおすすめします。

それでは、キレイなお風呂でしっかり暖まり、疲れを癒して下さい。

最後までお付き合いありがとうございました。

今後とも、宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

-お掃除のお話し
-

Copyright© とりあえず やってみなはれ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.