お掃除のお話し

プロの仕上がり!窓のお掃除のコツ

更新日:

皆さん、こんにちは。トッシーです。

前回、窓のお掃除のお話しということで、シャンパースクイージーを使えば、誰でもプロの仕上がりになるとお話ししました。

そこで、今回は、どのように使うのかという、方法をお伝えしようと思います。

この記事を読むことで、窓掃除を効率的にできるようになり、また、キレイにした後も汚れにくくなります。さらには、スッキリした窓がある暮らしができ、心が豊かになります

是非、最後までお付き合いください。

窓掃除の道具を準備しよう

窓掃除の準備は、とても簡単です。

とりあえず必要なものは、洗剤を窓に馴染ますための、シャンパーと、汚れを浮かせた洗剤ごと水を切るためのスクイージー。切れなかった水をふき取るための雑巾を二枚サッシ用のブラシ、あとは洗剤を入れるためのバケツを用意します。

これだけで、準備は完了です。

え?これだけ?

これだけです。

道具の準備ができれば、次は洗剤の用意です。

プロが使う洗剤は、なんと、水と台所用洗剤です⁉

え?それだけ?

それだけです。

もちろん、跡が残りにくい窓用の洗剤は売ってますが、それはプロ向けに更に効率をよくするためのものなので、特に必要はないと思います。

洗剤の作り方

これも、とても簡単です。

  1. バケツに2リットルくらい水を入れます。(バケツの大きさによりますが、バケツの半分くらいまで水を入れます)
  2. 台所用洗剤をピューっと2周くらい円を書いて入れます(つまりテキトーに入れます)大事なのは程よく泡立つくらい入れることです。
  3. シャンパーでかき混ぜれば、プロが使う窓用洗剤の完成です。

まじで?

まじです。

さあ、窓掃除を始めよう

まずはサッシの溝から始めましょう。

何故かというと、土砂などのドライ汚れは、乾いている状態の方が取りやすいからです。簡単に取れる汚れはとりあえずブラシで掃き出しましょう。少々残っても、とりあえず次に進みます。

次は、いよいよガラスです。

少し泡立った洗剤が入ったバケツにシャンパーを浸します。全体にしみ込ませたら一度全体を軽く絞ります。これをしないと床にボタボタと落ちてしまいます。

軽く絞ったら、ガラスに当てながら全体に伸ばすように軽くこすりつけていきます。

ガラス面全体に馴染ませたら、いよいよ今回に主役、スクイージーです。

スクイージーの使い方は、色々あり、プロの動きは少しコツがいりますので、今回は、横方向に動かすやり方を紹介します。

ガラス面の左右どちらかの上の端にゴム面を垂直に当てます。そこから、反対の端へ軽く押し当てながら引いていきます。この時、スクイージーの上端を先行させ、切った水が下に流れるように促します。

これを、一番上から1段2段と繰り返していきますが、約5cmほど前の段に被せて引くことで、水を残しにくくすることが出来ます。

この調子で一番下まで行くと、次は雑巾に持ち替えます。

ガラス面の縁をよく見ると、水が残っていると思います。これを1枚目の雑巾を粗拭き用とし、ぐるりとふき取ります。次に2枚目の雑巾で、仕上げ拭きをします。仕上げ拭きの時は、縁まわりだけでなく、ガラス全体をチェックし、水や、跡が残っているところをふき取ります。

仕上げ拭きの際は、必ず乾いた雑巾で拭くことが重要です。濡れているもので拭くと水を塗り広げてしまいます。

以上の工程を外側、内側を行ったら、ガラスは終わりです。

そして、最後にサッシの溝を、拭き上げて完了です。

 

窓掃除のポイント&コツ

スクイージーで水を切るときは、反対の手でシャンパーを持ち、スクイージーの真下で滴り落ちる水を拾うように動かします。そうすると床を汚さずに、シャンパーに水を返すことで繰り返し使えます。

スクイージーで一通り水を切ったあとの拭き取りは、上の辺から行います。これは、重力で水が上から下に流れるため、少しでも早く上部を拭きとることで、垂れてくることを避けるためです。

仕上げ拭きの時は、必ず上下左右、色々な角度からチェックします。ガラスの汚れは光の加減や角度で見え方が変わります。

こびりついた汚れやシールの跡がある場合は、カッターナイフの刃でこそぎ落します。この時、刃を立てすぎない事と、力を入れすぎないように注意します。

雑巾は、毎回同じところで拭くのではなく、出来るだけ乾いた部分をさがして拭くようにします。

洗剤は、汚れを落とすためでもありますが、何よりも、スクイージーの滑りをよくするためでもあります。あまり泡立ちすぎると、跡が残りやすくなります。ガラス面の汚れは、基本的に水だけでも落とせます。落ちない汚れは、洗剤で落とすというよりも、カッターの刃で落とした方が早いです。

スクイージーを失敗したときは、再度シャンパーで、その部分を濡らし手からやり直しをします。

以上のポイントを押さえて行うことが出来れば、プロの仕事に近づいてくる思います。頑張って実践してみてください。

まとめ

  • 洗剤は、濃くしすぎない
  • スクイージーは、少し傾けて引く
  • 滴る水はシャンパーで拾う
  • 粗拭き、仕上げ拭きの雑巾は乾いたところを探して使う
  • 粗拭きは、上部から
  • 頑固な汚れは、刃を使う
  • チェックは上下左右から

 

如何でしたでしょうか。以上が、窓掃除でのプロの仕事です。細かなポイントはありますが、意外に簡単そうに思いませんか?

本当に窓掃除は、道具さえあれば誰でもプロの仕事ができると思いますので、是非、挑戦してみてください。

即納 業務用スクイジ 窓掃除スクイージー 窓拭きワイパー 水切りワイパー スキージー 結露取り 窓掃除グッズ 風呂 カビ防止 カビ対策 防カビ プロ仕様スクイジー ウォッシャーセット 真鍮ゴールド 拭き取りマイクロクロス付

価格:6,999円
(2019/12/3 11:10時点)
感想(134件)

今回も、最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。次も、皆さんに有益な情報をお届けできるように頑張りますので、これからもよろしくお願いします。

また、これが知りたい、などリクエストや、ご意見が有れば是非、コメントください。

では、また次の記事で

 

-お掃除のお話し

Copyright© とりあえず やってみなはれ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.