お掃除のお話し

窓がキレイと心も綺麗!

更新日:

皆さん、こんにちは。トッシーです。

前回、キレイ好きな人は、フローリングを気にする。というお話をしましたが、今回は、窓ガラスのお話です。

窓がキレイになると、お部屋がパッと明るくなります。本当です。それと同時に、心が晴れやかになります。これも本当です。すごく気分が良くなります。

ところで皆さん、窓ガラスのお掃除をプロに依頼したことがありますか?

窓なんて、自分で拭けるからわざわざ依頼なんてしない、という方が多いのではないでしょうか?確かに、その通りだと思います。

では、なぜ依頼する人がいるのでしょうか?プロに頼むと何か違いがあるのでしょうか?

今回は、その辺りのお話をしていきたいと思いますので、最後までお付き合いいただけたら嬉しく思います。

窓のお掃除、自分でするのと、プロに依頼との違いは?

まずは、自分でする場合のことを考えてみましょう。

殆どの人が、ガラスクリーナーといった、スプレータイプの洗剤を使い、雑巾で拭く。そして、サッシの溝をブラシを使ってきれい掃出し、仕上げに拭き上げる。といった感じでしょうか。ここで多くの人が手こずるのが、ガラスの拭きムラでしょう。ある程度、クリーナーで汚れを取り、仕上げは新聞紙を使ったり、キッチンペーパーで拭くなど、工夫されている方もいらっしゃいますね。

しかし、思っていた以上に時間が掛かってしまったり、家中の窓をするつもりだったが、その前に疲れ果てるといったことになったりします。

それでも何とかやり切ったとしても、雨風にさらされる外側は、すぐにまた汚れてしまい、愕然としてしまいます。中には、その経験から、「もうガラスは掃除しない」なんて人もいるのかも知れませんね。

花王 ガラスマジックリン本体 400ml

価格:327円
(2019/11/29 23:58時点)

プロに依頼した場合は、どうでしょう

プロに依頼すると、まずはお見積りということで、事前に訪問が有ります。その時間を取る必要が出てきます。そして、掃除をしてもらう当日も在宅しないといけなかったりと、割と時間を拘束されてしまいます。そして、何といっても、お掃除代金が掛かります。掃きだし窓で1ヶ所3,000~6,000円あたりが相場でしょうか。

しかし、無駄に疲労することもなく、在宅ではありますが、時間も自由になります。

仕上がりは結局おなじ?

そして、1番重要なのは、仕上がりの違いですよね。

その前に、プロの作業を見てみましょう。

プロの窓掃除は、シャンパーという洗剤を窓になじます物と、スクイージー(ワイパーのようなもの)という、水を切る道具を使います。この道具を使うことで、拭きムラが出ないのです。そして、こびりついた汚れや、シールの跡などの拭いただけでは取れない汚れは、刃の付いたスクレーパーでこそぎ落します。サッシの溝は水を流しながら隅々まで洗い流します。

作業時間も、だいたい一般の方の2倍くらいの速さで仕上げると思います。

で、仕上がりですが、それは、お金を頂くプロですから、曇り無くスッキリ仕上がります。

そして、実際のお客様の声としてあるのが、「自分がした時とくらべて、汚れにくい」とのことです。これは、拭き上げるのではなく、スクイージーで仕上げるからだと思われます。

そして、プロに依頼するメリットとして、さらに挙げると、ガラスの縁のパッキン部分のカビや、ガラスに付いた水の跡(水垢)なども専用の洗剤や道具でしっかりと落としてくれます。(重度の水垢はウロコと言われ、別途研磨作業が必要)

この辺りは、一般の方にはできない部分だと思います。

こうしてみると、プロに依頼する価値は、「無くもない」のではないでしょうか。

シャンパーとスクイージーさえあれば・・・

実際、シャンパーとスクイージーを使えは自分でも・・・。なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんが、それは、

「大正解」です。

挑戦してみようと思う方は、ぜひ挑戦してください。やり方を覚えて、何度か実践すれば、すぐに上達しますよ。このまま、「ガラスクリーニングの方法」を書いていきたいところですが、長くなりますので、それは、次の記事で紹介しようと思います。

窓拭きシャンパー 窓ガラス掃除 シャンパーセット 1本

価格:1,200円
(2019/11/30 00:06時点)
感想(0件)

即納 業務用高級スクイジ 窓掃除スクイージー 窓拭きワイパー 水切りワイパー スキージー 結露取り 窓掃除グッズ 風呂 カビ防止 防カビ【プロ仕様スクイジー 女性に人気 軽量ステンレスシルバー】拭き取りマイクロクロス付き!

価格:3,999円
(2019/11/30 00:07時点)
感想(86件)

まとめ

  • 窓がキレイだと、心も晴れやか、キレイになる
  • シャンパーとスクイージーがあれば、誰でもプロの仕上がりにできる
  • パッキンのカビやウロコはプロにおまかせ

ということで、今回は、窓のお掃除について、書かせて頂きました。いかがでしたでしょうか。

これを機に窓掃除をしてみよう。窓をキレイにすると本当に心も綺麗になった。という方が一人でも増えればうれしく思います。

次回は、実際のやり方をご紹介しますので、お楽しみにお待ちください。

最後までお付き合い、ありがとうございます。

ではまた、次の記事で

 

-お掃除のお話し

Copyright© とりあえず やってみなはれ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.